MacOS Big Surが重すぎる時の対処法

雑記

MacOSをアップデートして、Big Surになりました。
デザインやインターフェースが改善され、当初は喜んでいたのですが、ちょいちょい動作が重くなり、最近は勝手に再起動することも増えました。

色々と改善手法を試したので、そこで私の行った対処法をまとめます。

問題のMac

前提として、私が使用している環境を記載しておきます。
私は以下のMacBook Air 2018を使っています。

ソフトウェアの削除

まずは基本から行います。
不要なソフトウェアを削除します。

私はいつも、AppClearnerで不要なソフトを削除しています。

ソフトウェアのアップデート

インストールされていたソフトを片っ端からアップデートしていきました。

私はMacのアプリは基本的にHomebrewを使って管理しています。
パッケージ管理ソフトで、ITエンジニアであればほとんどのMacユーザーが利用していると思います。

まずは、CUIを管理するbrewと、GUIを管理するbrew-caskのコマンドで、管理されているソフトの一斉アップデートをかけます。

$ brew upgrade
$ brew cask upgrade

他のソフトは手作業で起動してアップデートをかけました。

システム情報

Macには、「システム情報」と言うアプリがインストールされています。
ここで、推薦された処理をしてみました。

基本的には以下の画面で、ぽちぽちとボタンを押して、指示に従うだけです(私の場合は英語表記ですが、日本語でもデザインは同じです)。

自動起動するソフトを削除

Mac起動時にバックグラウンドで動作を始めるものは、/Library/LaunchAgents/Library/LaunchAgentsに登録されているので、不要なものは削除しましょう。

新しいMacを買う

私の場合、ノートPCの買い替えを検討していていたので、M1 Macに買い替えました(笑)
最新型のMacBook Airを買ったので、ファンが付いていないので非常に静かで快適です。
1年以上使っていますが、カクつくようなことは一度も発生していません。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥115,280(2021/08/05 17:06:08時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました