コンサルタントとして独立する方法【クライアントの見つけ方】

コンサルタントの仕事の取り方ビジネス

コンサルタントして、仕事を見つける方法について、英語の面白い記事を読んだので、メモがわりにブログを書きます。

読んだ記事は「How to Find Consulting Clients」です。
タイトルを直訳すると「コンサルタントの顧客の探し方」になります。

執筆者のChrisさんは、いくつかのステップに分けて説明をしています。
本記事でも、それにそって内容をまとめていきます。

準備

コンサルタントとしての実力を証明できるものを用意しましょう。
具体的には、

  • ポートフォリオサイト
  • ブログ
  • 電子書籍
  • Youtubeチャンネル
    などを十分に準備しましょう。

顧客を探していることを、他の人に知らせましょう

初めは、ローカルの繋がりによって、仕事をとることを推奨しています。
あまり、有益なアドバイスに思えないですが、これが非常に重要です。

友達や親しい仕事仲間に、メールなどでこのように言いましょう。

現在、〇〇の仕事が必要な会社を探しています。
誰か紹介してもらえる人はいないでしょうか?

人を紹介してもらうのが非常に重要です。
なぜなら、その人に対して仕事がないか聞いた場合、YesかNoでしか答えられません。
しかし、上記のように質問することで、その人は他の人のことも考えてくれるので、よりチャンスを広げることができます。

実際、Chrisさんのクライアントの多くが、直接の繋がりではなく、知人を通した間接的な繋がりによって依頼されたようです。

隠れたチャンスを物にする

もし自分と関連する分野の企業が、求人広告を出している場合、
それはコンサルタントとして自分を売り込むチャンスです。

ほとんどの企業の答えは、NOでしょうが、
これを通して、その企業に自分の顔を売ることができます。

これが次のビジネスチャンスに繋がります。

業務委託、外注、下請

別のコンサルタント会社から仕事を受託しましょう。

自分と近い分野のコンサルタント会社を見つけ、以下のようなメールをしてみましょう。
特に、5〜10人の少人数の会社は、承諾してくれる可能性が高いです。

私は貴社と同じく、〇〇に関してコンサルタントとして活動しております。
何か私がお手伝いできる案件はありますでしょうか?

多くの小さな会社は、日々大量の業務に追われているため、受け入れてくれる会社が見つかるでしょう。

手っ取り早く仕事を見つける

上記の方法は、どれも根気が入り、すぐに仕事を得ることが来ません。

そんな時は、indeedなどのフリーランス求人サイトで、仕事を探したくなりますが、これはやってはいけません!

以下に別の方法を紹介します。

  1. 関連企業の求人情報を探し、仕事を必要としている人のメールアドレスを集める(人事ではない!)。
  2. その企業に以下のように、直接連絡を取る。

    私は社員としての仕事は探していませんが、貴社は委託業務も検討していますか?

多くの企業の答えはNOですが、意外と多くの企業が興味を持ってくれます。
ここでもまた、小さな企業が狙い目です。

もし答えがNOだとしても、それで終わらせてはいけません。
以下のように聞き返しましょう。

ありがとうございます。ところで、このような話に興味を持ちそうな知人はいらっしゃいますか?

どの業界も案外狭いので、紹介してもらえる機会を逃さないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
僕も将来的には、独立を検討しているので、この記事は非常に役立ちました。

おまけに、簡単な英語表現なので、英語学習にもおすすめです。

内容にミスを見つけましたら、コメント欄から教えていただけると助かります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました