【Ubuntu 20.04 LTS】DeepLabCutのインストール方法

今回はUbuntu 20.04にDeepLabCutをインストールしていきます。
基本的には、公式のガイドラインに従って進めますが、修正が必要な部分があります。
時間を無駄にしたいように、ぜひ最後までお読みください!

前提条件

Ubuntu 20.04 LTSを前提に、OSをインストールした直後の環境で作業します。

  • Ubuntu 20.04 LTS
  • Python 3.8.10

Anaconda3のインストール

まずは、Anaconda3をUbuntuにインストールします。
※ DeepLabCut公式は、anaconda経由でのインストールを推薦しています。

下記のリンクから、ご自身のOS環境に合うインストーラーをダウンロードして、実行します。

参考 Anaconda | Individual Editionanaconda.com

今回の場合は、ほとんどの人は64bit環境のもので大丈夫かと思います。

インストーラーの実行は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックするだけです。

DeepLabCutのインストール

Anacondaを入れることができたら、アプリ一覧から「Terminal」を起動します。
以降は、Terminalでコマンド入力し作業を進めます。

まずはDeepLabCutのビルドに必要なソフトウェアをインストールします。

$ sudo apt install -y git build-essential libgstreamer-plugins-base1.0-dev libgtk-3-dev libpulse-dev

次にDeepLabCutをGitHubからダウンロードします。
今回ダウンロードしたソースコードは、Downloadsディレクトリ直下に配置しています。

$ cd ~/Downloads
$ git clone https://github.com/DeepLabCut/DeepLabCut.git

DeepLabCutがダウンロードできたら、早速Anacondaを使って、conda環境を作成します。
環境構築のためのyamlファイルは、conda-environmentsディレクトリに格納されています。

$ cd ~/Downloads/DeepLabCut/conda-environments
$ conda create env -f DEEPLABCUT.yaml

無事に終われば、DEEPLABCUTという名前で仮想環境が作成されます。
早速、作成した環境に切り替えてみます(切り替えれば、コマンド入力の前に(DEEPLABCUT)が表示されます)。

$ conda activate DEEPLABCUT
(DEEPLABCUT)$ 
注意
このままではGUIアプリを起動できません。
必ず以下のコマンドを実行してください!

デフォルトでインストールされているwxPython(PythonでGUIアプリを作成するライブラリ)は、バージョンが古いため、Ubuntu 20.04では動きません。
そこで、以下のコマンドでwxPythonのバージョンをアップグレードします。

(DEEPLABCUT)$ pip install --upgrade wxPython

これでインストール完了です!

DeepLabCut起動

それでは、早速DeepLabCutのGUIアプリを起動してみましょう。
最初の起動時は、数分時間がかかります。

(DEEPLABCUT)$ python -m deeplabcut

起動が成功すると以下のような画面が表示されます!

お疲れ様でした!
それでは良いDLCライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA