AWSのEC2でUbuntuをGUIで使う

今回はAWSのEC2インスタンスに、Ubuntuをインストールして、GUIで操作できるようにします。

EC2インスタンス準備

EC2インスタンスの起動方法は、以下の動画を参考にしてください。
長い動画ですが、EC2インスタンスを起動して、SSH接続するところまでで大丈夫です。
イメージ選択のところで、Ubuntu16.04以上を選ぶようにしてください。

Ubuntuの環境準備

Ubuntu公式が方法を紹介しているので、それに沿って作業を進めます。

まずは必要なソフトウェアをインストールします。

$ sudo apt update
$ sudo apt install ubuntu-desktop
$ sudo apt install tightvncserver
$ sudo apt install gnome-panel gnome-settings-daemon metacity nautilus gnome-terminal

VNCサーバーを起動します。

$ vncserver :1

VNCを一度起動すると、設定ファイルが作成されるので、vimで以下のように編集します。

$ vim ~/.vnc/xstartup
#!/bin/sh

export XKL_XMODMAP_DISABLE=1
unset SESSION_MANAGER
unset DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS

[ -x /etc/vnc/xstartup ] && exec /etc/vnc/xstartup
[ -r $HOME/.Xresources ] && xrdb $HOME/.Xresources
xsetroot -solid grey

vncconfig -iconic &
gnome-panel &
gnome-settings-daemon &
metacity &
nautilus &
gnome-terminal &

設定が完了したら、VNCサーバーを再起動します。

$ vncserver -kill :1
$ vncserver :1

MacからUbuntuインスタンスに接続

Macからは、SSHポートフォワーディングとFinderを利用して接続します。

ポートフォワーディングを有効にするオプションを付けて、ssh接続をやり直します。

$ ssh -L 5901:localhost:5901 -i [pem鍵のパス] ec2-user@[EC2インスタンスのIPアドレス]

MacのFinderで「移動→サーバへ接続」をクリックして、vnc://[EC2インスタンスのIPアドレス]というようにして接続を行います。

以下のような画面が表示されれば、成功です!

まとめ

AWSなどでサクッとGUI環境が構築できれば、手元のPCでは重いような処理も簡単に試すことができるので、色々と幅が広がりそうです。

今後は、DeepLabCutの環境を構築しようかと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA