フリーランスエンジニアになりやすい企業ジャンルについて

ビジネス

今回の記事はフリーランスエンジニアに興味を持っている方向けに、フリーランスエンジニアはどのように働いているかから、将来フリーランスエンジニアになりやすい企業ジャンルについてご紹介していく内容になっております。
興味がある方は是非見ていって下さい。

フリーランスエンジニアとは?

フリーランスエンジニアの定義

定義自体がはっきりあるわけではないのですが、一般的に「フリーランス」には「特定の企業や団体に属さず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主」のことを指しております。
その中の技術がエンジニア形態の方がフリーランスエンジニアに属し、個人で簡易的に行えるジャンルであるプログラマーなどが世間的にはフリーランスエンジニアと呼ばれることが多いように感じます。

フリーランスエンジニアのになるには

フリーランスエンジニアになるためには様々な方法がありますが、自身で勉強をするにしても、プログラミングスクールに行くとしてもコストがかかります。
そのため就職した企業でそういった技術を学べれば近道につながります。

今回は、どのような企業に入れば準備がしやすいかをご紹介していきます。

フリーランスエンジニアの働き方

フリーランスエンジニアの働き方は様々なパターンが存在します。
要は自身が生活できる金銭を稼ぐことができれば、フリーランスエンジニアとして独立できていると言えますので、その働き方をいくつかご紹介していきます。

マッチングサイトの利用

最も簡易的な方法として、フリーランスマッチングサイト(「ランサーズ」「クラウドワークス」「Bizseek」)などを用いて案件に応募し仕事を獲得する方法です。
この場合、マッチングサイトに登録を行い、現在出ている案件に応募するのみが作業になりますので最も簡易的に始めることができます。
デメリットとしては、こういったサイトでは手数料などでかなり金額を自動徴収される点が大きいです。

個人で仕事をとる

このマッチングサイトなどで手数料を取られるデメリットを回避する方法として、個人や企業に対して営業活動を行い、自身で仕事をとってくることで手数料の回避が可能になります。

ただし、この場合は人脈やコミュニケーションが多いに必要になってくるので交流会やオフ会などで人脈づくりから始める必要があります。
他にも自身でアプリやブログなどを作成し、それを配信することで、広告費などのアフェリエイトでお金を稼ぐ方法もあります。

このように様々な働き方があり、自身にあった働き方を見定めた上で初めは少額からお金を稼ぎ、次第に社会的に独立することでフリーランスエンジニアとして生活していけるようになります。
ではそんなフリーランスエンジニアになるためにはどのような企業が向いているかをご紹介していきます。就職活動や転職活動などで是非参考にしていただければ良いと思います。

フリーランスエンジニアになりやすい企業の特徴

フリーランスエンジニアは先ほども述べたようにプログラム技術があればあるほど良いと思われます。
その為、なりやすい企業はプログラムを実際に手で組むことができる企業がフリーランスエンジニアの前準備に最適と思われます。

大手IT企業の下請け企業

世間では、IT系の企業に行けば皆がプログラムを組んでいると思っている方も多いと思います。
しかし、そうではありません。
システムを作るにあたっては順番があります。

「要件定義」:システムの流れを決める。また、どのような機能を持たせるかなどを定義していく工程。
  ↓
「プログラム」:実際にシステムの処理を実装

名前が知れているIT系企業(基本的に大手企業など)はほぼ確実に「プログラミング専用の下請け会社」を必ず抱えており、そういた下請けに当たる企業が、親会社が描いた既に完成している要件に沿ってプログラミングを行います。そのため、プログラムミングを学ぶという意味では下請け元の企業よりも下請け会社がおすすめです。

上記を判別することはWebサイトなどからでは難しいかも知れませんが実際の面談時にお聞きすることができるので気になる場合は確認してみましょう。

自社パッケージを持つ小規模企業

上記のように大手企業の下請け以外にもプログラミングまで行ってしまう企業も存在します。例えば自社パッケージを持つ中小やベンチャー系の企業などが多く該当します。

派遣系企業

技術派遣を行っている派遣会社でもプログラミングを学ぶことができます。
また、技術派遣の場合は派遣先によって扱うプログラム言語なども変わってくるので、自身での学習を重要ですが奥の知識を身につけることが可能です。

派遣会社のメリットとして人脈が広がるためフリーランスエンジニアとしてスタートを切った際にマッチングサイトなどを介さずに仕事をとってくることも可能かも知れません。
そういった意味で技術派遣会社などもフリーランスエンジニアになるためには向いている企業であると言えます。

まとめ

こういった企業で着々と技術力を高めることがフリーランスエンジニアの最も近道です。
では、今回の記事は以上です。

フリーランスエンジニアを目指している方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました