フリーランスエンジニアは人との会話はどのくらい必要?

雑記

今回の記事では、フリーランスエンジニアは人とどの程度会話が必要かという内容を、一般的な範囲で業務を行なっている体験談としてご紹介していきます。
フリーランスエンジニアは自身で仕事をとってくる必要があるため営業が必要と考えて不安に思っている方などは是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

フリーランスエンジニアとは?

フリーランスエンジニアの定義

定義自体がはっきりあるわけではないのですが、一般的に「フリーランス」には「特定の企業や団体に属さず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主」のことを指しております。
その中の技術がエンジニア形態の方がフリーランスエンジニアに属し、個人で簡易的に行えるジャンルであるプログラマーなどが世間的にはフリーランスエンジニアと呼ばれることが多いように感じます。

フリーランスエンジニアの動向

ひと昔前はこのような考え方や働き方はそこまで主流ではなかったと思われますが、コロナの影響もあり、リモートワークで働くサラリーマンが時間的に余裕を持つことで、副業として爆発的に数が増えてきているとされています。
フリーランスエンジニアのメリットはなんといってもパソコンひとつでどこでも仕事ができる点でしょう。

今回はそんな今流行りつつあるフリーランスエンジニアの働き方や、フリーランスエンジニアになるためにはどのような企業に入れば準備が詰めるかなどをご紹介していきます。

フリーランスエンジニアの仕事の取り方

過去のフリーランスエンジニアの仕事の取り方

フリーランスと聞いて自身で仕事をとってくるというイメージが強い方は「フリーランスエンジニア」=「営業力」と考える方が多いと思います。

現在のフリーランスエンジニアの仕事の取り方

現在ではフリーランス用のマッチングサイト(「ランサーズ」や「クラウドワークス」など)が多く存在し、これらのサイトに案件がありますので、こちらに応募し、当選することで全て画面越しで商談成立することも多いです。この場合だとほぼ対面での会話ではなく簡潔な文面での会話を行い、商談としては完結します。

仕事をとる上で重要なこと

マッチングサイトを利用する場合でも、案件の詳細な内容を確認する必要があることもあります。例えば「Pythonを使ってこのデータを回帰分析した結果をpng画像として提出してください。」といったはっきりした案件の指定ではなく、「Pythonを使って学生用の計算アプリを作ってください。」といった案件を考えてみます。
要件や機能がはっきり決まっていない場合の仕事は、要件や機能を詰める意味合いで画面越しにはなるかも知れませんが人との会話が必要不可欠です。

可能であれば会話の少ない簡潔な案件を選択してお金を稼ぎたいという方もいると思います。しかし、フリーランスの案件として、一般的にこういったシステムの仕様から決める(いわゆる要件定義)から始める案件の方が金額は高いです。もちろん難易度も上がるかも知れませんが、フリーランスエンジニアとして独立していく上ではこういった難度の高い高額な案件をこなすことは避けては通れない道になってきます。

また、こういったフリーランスのマッチングサイトのデメリットとして、手数料が高額な点が挙げられます。この手数料から逃れる手段として、自身で個人や企業に対して営業活動を行い、仕事をとってくるという方法があります。この場合は自身で営業活動を行うため、かなり多くの会話が必要です。

まとめると、
フリーランスエンジニアとして独立していくためには、ある程度は人と会話する必要があるということです。
では、実際に案件を進める上でどのような会話の流れになるのか、またその際の会話のコツなどをご紹介していきます。

フリーランスエンジニアの会話について

主な会話内容

基本編

フリーランスエンジニアの主な会話内容は業務を進めていく上で必要な内容です。基本的にシステムを構築する上で、まずは要件(アプリの流れや機能について)を決める必要があります。ここではアプリ開発を例に出しますが、アプリ開発の場合は下記のような内容に関して会話が必要です。

  • 顧客が考える全機能
  • 画面の構成
  • データ関連(データがあれば)
  • スケジュール感
  • 技術的な側面から必要になってくる機能を補足

特に最後の技術的な観点から必要になってくる機能を補足することは顧客側では見えていないことが多いです。そのため、いざ顧客から聞き出した情報のみに沿ってプログラミングを開始し、アプリ作成途中でシステムフローに欠陥があればスケジュールなどに大きく効いてきます。こういったプログラムの大幅な改修を防ぐ上でも、初めの段階で会話によりこの項目を引き出す必要があります。
基本的には上記で挙げた項目の確認が必要になってきますが、案件によって確認項目は多種多様になるので臨機応変に会話を行なっていく必要があります。

営業込み編

また、自身で企業を訪問、または電話で仕事をとってくるいわゆる営業活動を行う場合はプライベートを交え人付き合いで信頼を勝ち取っていく会話内容が必要になってきます。その場合はお客様付き合いの後に上記であげた項目を確認していくという流れになってきます。

会話のコツ

話の流れを念頭におく

フリーランスエンジニアとしてお客と会話をする際のコツですが、前章で挙げたような5項目に的を絞ってシステムのフローを一通り追って欠陥や疑問点がなくなるまでその欠陥部分や疑問点を突き詰めていくことを念頭におき会話を行なっていけばうまくいくと思います。慣れてしまえばかなり楽にこなせていくと思います。

補足機能で信頼の獲得

また、顧客の信頼をえるという点で「こういった機能も追加することができますよ」などのお客の為に手のかからない範囲で、簡易的な提案などを交えつつ会話することで今後の継続した仕事の依頼にも繋がることがあります。可能であれば積極的に会話していきましょう。
文面での会話のやりとりでも、社会人として相応しい表現を使用して文章を書くことを意識し、必要な情報を聞き出していくことでお客からの評価も良く、スムーズに仕事が進められると思います。

まとめ

フリーランスエンジニアがどの程度会話をする必要があるか、また、その会話内容などをご紹介しましたが、こういったことを踏まえて改めて自身の働き方に関して、フリーランスエンジニアという選択肢を入れてみるのはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました