フリーターがプログラマーに未経験でなれる?向いている人の特徴と転職する方法を紹介

ビジネス

こんにちは。
フリーターがプログラマーに未経験でなれるのか?と気になる人もいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、フリーターでも未経験でプログラマーになることができます。
しかし、プログラマーに向いている人の特徴と自分の性格がマッチしていなければ、転職したあとに辛い思いをしてしまうかもしれません。

本記事では、フリーターからプログラマーへ未経験転職を考えている人に向けて、向いている人の特徴と、転職する方法を解説します。

フリーターからプログラマーに未経験で転職できる?



冒頭でも紹介したように、フリーターからプログラマーに未経験で転職することは十分可能です。

なぜなら、プログラミングができる人がそもそも少ないにもかかわらず、今後ますます需要が伸びていくため。
不況の影響で就職できなかったり、前の会社で体調を崩したりしてしまったりした人でも正社員として働きやすいので、自分に自信が持てるようになります。

一方で、プログラマーに向いている人の特徴と自分の性格が合っていなければ、のちのちしんどい思いをしてしまうことも。
転職を失敗しないためにも、プログラマーが向いている人の特徴を知っておきましょう。

フリーターからプログラマーに未経験で転職する方法



先ほどの章で、フリーターからプログラマーに未経験でしても活躍できるとわかったら、転職活動をしましょう。

プログラマーになるためには、以下の3つの方法があります。

・ハローワーク
・転職エージェント
・キャリア面談付きプログラミングスクール

方法①:キャリア面談付きプログラミングスクール

1つ目は「キャリア面談付きプログラミングスクール」ことです。
キャリア面談付きプログラミングスクールがおすすめな理由は、以下の3つ。

・プログラミングを講師から教わることで、理解度が高まる
・プログラマーとして就職するまでの一気通貫型なので、キャリアを描きやすい
・未経験でプログラマーを目指す仲間と切磋琢磨し、励まし合える

そして、年齢や条件によっては「無料」でプログラミングを学べるところも!
年齢や条件が合うなら、ぜひおすすめしたい転職方法です。

方法②:ハローワーク

2つ目は「ハローワーク」です。
ハローワークにはプログラマーの求人がないイメージを持つ方も多いかもしれませんが、意外とあります。

ただし、ハローワークで探す方法はあまり得策ではありません。
得策ではない理由は、以下の3つ。

・企業が無料で求人を出せるため、求人の質が低い傾向がある
・経験者と同時に応募してしまった場合、圧倒的不利になる
・そもそも独学でプログラミングを学ぶことが難しい

以上のことから、「ハローワークは最終手段」くらいに考えておくことをおすすめします。

方法③:転職エージェントを使う

3つ目は「転職エージェントを使う」ことです。
転職エージェントがおすすめな理由は、以下の3つのサービスを『無料』で使えるため。

・ハローワークや転職サイトに載っていない「非公開求人」の紹介
・転職先や将来の仕事について相談にのってくれる「キャリア面談」
・未経験から転職しやすいように、職務経歴書や履歴書の作成をサポート

ただし、転職エージェントには唯一のデメリットがあります。
それは「転職活動前にプログラミングを自分で学ぶ必要がある」こと。

そのため未経験からプログラマーへの転職で、転職エージェントがおすすめな人は以下となります。

・学生時代にプログラミングを学んだ人
・プログラミングスクールですでに学んだ人
・フリーランス案件などプログラミングを使って仕事をした経験がある人

もし当てはまらない人は、次に紹介する方法が1番おすすめです。

フリーターからプログラマーへの未経験転職が向いている人の特徴

フリーターからプログラマーに未経験で転職して、活躍できる人の特徴は以下の3つです。

・新しいことを学ぶのが好き
・最低限のコミュニケーションが取れる
・時間管理ができる

特徴①:新しいことを学ぶのが好き

1つ目は「新しいことを学ぶのが好き」なことです。

そもそも、プログラマーになるにはプログラミング言語を使いこなさないといけません。
未経験からプログラマーとして働きたいなら、新しい言語を学ぶこと自体に興味がないと難しいでしょう。

また、プログラミング言語にもC言語やPythonなどの定番どころはもちろん、将来的にできた新しい言語を使って仕事をすることを求められます。
そのため、「勉強好き」にとっては最適な仕事です。

そして、プログラマーの取り巻く環境は、時代の流れに合わせて日々変化しています。
仕事を進める上で、最新のトレンドや変化に合わせて柔軟に対応できるスキルも必要です。

特徴②:最低限のコミュニケーションが取れる

2つ目は「最低限のコミュニケーションが取れる」ことです。

「プログラマーは、ひとりで黙々とできる仕事」ということをよく耳にします。
たしかに、接客や営業と比べるとコミュニケーションの重要度は低いですが、プログラマーが全くコミュニケーション能力がいらないかと言われたら、そうではありません。

プログラマーには、クライアントの要求や仕様を正しく理解したり、プロジェクトチームでコミュニケーションを取ったりという仕事もあります。
つまり、コミュニケーション能力の中でも傾聴力と調整力が重要です。

未経験からプログラマーになりたい人は、傾聴力と調整力を鍛えておくとよいでしょう。

特徴③:時間管理ができる

3つ目は「時間管理ができる」ことです。
なぜなら、プログラマーは他の職種と比べて「納期管理」が重要だから。

例えば、企業のシステム構築の仕事を任されていたとします。
もし納期に間に合わなければ、その企業で働く人がシステムを使えないということになり、大迷惑をかけてしまいます。
あなた個人や会社としての信用を無くしてしまうのが、想像できますよね。

期日までに完成させるという強い意志や粘り強さ、納期に確実に間に合わせるにはどうしたらいいか計画する力は、プログラマーに必須スキルといえるでしょう。

まとめ



本記事では、フリーターがプログラマーに未経験で転職できる人の特徴と、転職する方法を紹介しました。

未経験でなれるからといって、決して簡単ではないプログラマー。
しかし、これから需要がますます高くなる仕事だからこそ、今転職して実務経験を積んでおくと、将来に渡って活躍できるようになります。
特に20代でプログラマーへの転職を考えている人は、キャリア面談付きプログラミングスクールを活用して、最短でプログラマーデビューを果たしましょう!

本記事が、フリーターからプログラマーへ未経験転職を考えている人の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました