Google SEO対策方法まとめ

ビジネス
ブロガー
ブロガー

SEO対策が知りたい!
体系的にまとめてほしい!

SEO対策はブロガーにとって大事ですよね!

日に日にアクセスは伸びていますが、僕もブログを始めたばかりなので、
自分の勉強もかねてSEO対策方法をまとめてみました。

1. Googleは絶対!

Yahoo検索でも裏で動いている検索エンジンは、Googleです。

僕自身、SEO対策に色々と思うところもありますが、
現状ではGoogleの決めたアルゴリズムが支配的なので、
ごちゃごちゃ考えずにひとまずGoogleに従いましょう。

基本的には、Googleにブログの信用力を示さなければなりません。
そのために何が必要かというと...

  1. Googleに素直にデータを提供しましょう。つまり、Google Analytics, Google Search Console, Google My Business, YouTube…などのサービスは全て利用しましょう。
  2. ページごとのSEO対策をしましょう。タイトルは必ず<h1>で、サブタイトルは<h2>です!

2. モバイル対応は必須

周りの友達をみましょう。
みんなスマホを持ってますよね?そういうことです。

3. SSL認証を取りましょう(https対応)

SSL認証はLet's Encryptから、無料で発行できるので必ず行いましょう。

4. ページ読み込み速度は非常に重要

Googleは、ページ読み込み速度をとても重要視しています。

サイズの大きい画像の利用などは避けましょう。
画像サイズを容量を小さくサービスはたくさんあるので、積極的に利用しましょう。

5. Googleの評価基準を知る

⚠️ 非公式なテクニックです ⚠️

Googleタイトル <title>(Googleの検索結果で表示されるタイトル)

できれば<h1>とは別のものにして、65~80文字にしましょう!
先に来る単語がより重要視されます。そのためSEO上、重要な単語は、前に置くようにしましょう。

またタイトルで、 |()の使用はさけ、-(ダッシュ)を使用するようにしましょう。

H1

Googleタイトルとは、別のものにしましょう。
また、必ず80文字以内で収めましょう!

URL

理想的には、3~4単語で記事URLを設定しましょう。
例えば、「【2019年版】Google SEO対策方法まとめ」なら「dendenblog.xyz/google-seo-2019」という感じです。
ここでも、最初の単語は、後の単語よりも重要視されます。

メタ説明(検索結果で表示される説明文)

80~120文字で納めるようにしましょう。
出来るだけ、タイトルの類語を利用して記述するようしましょう。
ただ、一部のSEO理論では、この説明文は検索結果に反映されないと言っています。

H2

70~80文字が好ましいです。
<h1>でのより詳しい説明を書くようにしましょう。

メタキーワード(対策の必要なし)

一部の古い情報では、重要性を強調されていますが、
既にメタキーワードは、SEOに全く影響しないことが証明されています。

6. SEOのための、記事の書き方

各ページを2000文字以上にするようにしましょう!
それ以上に、あまり深く考えすぎないようにしてください。

つまるとこと、質のいい記事をかき、ブログのテーマにあっていることが重要です。
無理にキーワードを詰め込むようなことはしないで下さい。Googleは必ず気づきます。
また、出来るだけ多くの類語を活用しましょう。

ここでは、テクニックは特にないです。
Googleを信用して、自分が良いと思うブログを書きましょう。

読者にとって、価値のある記事が好まれます。
皆さんも、物を売り込んでくるような記事より、有益な情報がある記事の方がいいですよね。

7. 読者を惹きつける

Googleは、そのWebサイト内でのユーザーの行動を注意深く見ています。
なので、検索ランキングを向上させる最良の方法は、コンテンツの表示スペースをなるべく大きくすることです。
結局のところ、
[box class="blue_box"]
・H1のタイトル
・説明文
・画像
・H2のサブタイトル
[/box]
という構成が最適です。

WordPressのテンプレートを選ぶときも、そのような観点から選んでみてください。

8. ビジネスSEOは重要

※ 商業店向けのアドバイスです

  1. 店舗を持つ会社であれば、Google My Businessには必ず登録しましょう
  2. なるべく多くのお客さんに5/5 ⭐️をつけてもらいましょう

9. 記事内容のコピペはしない

「Googleタイトル、メタ説明、H1/H2、コンテンツ内容」の表現方法は、異なったものを使うようにしましょう。
また、コピペは絶対にダメです!
Googleは常にデータベースを更新しているため、すぐにバレてしまいます。

10. 外部サービスの利用

有用なツールをいくつか紹介します。

  • Google.com - 当たり前ですが重要です。自分の記事なども検索して順位を確認してみましょう。
  • Google トレンド - 検索キーワードの最新傾向を教えてくれます。面白いですが、あまり気にしすぎないようにしましょう。
  • Ubersuggest - キーワードのSEOの強さを教えてくれます。

参考リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました