【本音で語る】プログラマーに30代未経験から就職するキレイごと抜きで最も確実な方法

就活・転職

「30代未経験から本当にプログラマーになれるの?」
「就職ができるのであれば、最も確実な方法が知りたい。」

このような気持ちを抱えていないでしょうか?
私自身、30代でIT業界に入りましたので気持ちは理解できます。

結論を言えば、就職は不可能ではありません。
ただし、ストレートに「正社員かつ自社開発企業」に就職するとなるとかなり時間はかかります。
場合によっては、多少の周り道は必要かもしれません。

就職活動を経験した中で、「どうすれば最も確実に就職できるか」を他の方法や選択肢は語らずに、キレイごと抜きの本音で解説します。

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

【大前提】とにかく勉強しよう


30代から未経験でプログラマーを目指そうと考えた時に、事前の学習なしにいきなり就職活動してもまず採用されません。

新卒や20代であっても、自作アプリなどのポートフォリオを作成してから就職活動するのが今は当然の流れです。
学習経験すらない30代を雇う会社はゼロに等しいでしょう。

さらに、30代は即戦力をアピールする必要があるので、何倍もの努力が必要です。
年齢が高くなればなるほど、その傾向は強いです。

30代の完全未経験者は勉強なしに就職活動をしても時間のムダ

30代以上で学習経験すらない完全未経験者が、就職活動をしても時間のムダです。
20代であっても未経験からの就職はある程度難しいので、スキルを高めながら就職に向けて努力しています。

内定を得るには、その20代との競争に勝たなくてはいけません。

単刀直入に言えば、20代後半あたりから未経験者は徐々に採用が難しくなります。
そのあたりの年代が面接の場でよく採用担当者から言われるのが「〇年間の遅れを取り戻せる覚悟があるか。」ということ。

簡単に言えば、20代後半から新卒で入社した社員にスキルで追いつくのが大変なのを伝えています。

25歳ぐらいであれば、2年~3年分の差は頑張れば埋められるでしょう。
20代後半から特に30代以上は、意欲プラスある程度の即戦力をアピールできないと採用は難しいです。

したがって30代の完全未経験者は、プログラミングの学習なしに就職活動に臨んでも時間のムダでしょう。

35歳以上はとくにプログラミングの学習は必須

「30代からプログラマーは無理なの?」
そう思うかもしれません。
答えを言えば、30代前半までであれば未経験からでも就職に割と成功しています。

もちろん、そこまで多くはないですが・・・。
ただし、35歳以上となると一気に難易度が上がります。
主要な求人サイトを見ると、未経験は35歳以下で募集している企業が非常に多いです。

30代中盤以降はプログラミングの学習をしても、就職は苦労するでしょう。

本記事では35歳以上でも就職する方法を解説しますので、安心してください。

いずれにしても、学習しなければスタートラインに立てません。
プログラミングの勉強がベースにあって、次に進めることを覚えておいてください。

プログラマーは適性も大切


プログラマーは適性も大切で、未経験者には適性試験を課す企業は多くあります。
せっかく採用しても、技術が追いついてこなければ時間とお金のムダです。

ここでは、プログラマーの適性に関して以下の内容をご説明します。

  • 適性試験の学習が大切な理由
  • プログラミングが好きかどうかは立派な適性

適性試験の学習が大切な理由

未経験からプログラマーになりたければ、適性試験の学習をしてください。
試験の結果が、採否に大きく関係するからです。

応募先の企業は、適性試験のスコアと面接の結果を総合して採否を判断します。
適性試験の結果だけで不採用のケースもあり、それだけ企業は重視しています。

プログラマーの適性試験でよく出題される試験は以下の通りです。

  • CAB(暗算・法則性・命令表・暗号読解力・性格など)
  • ATPP(算数・数列など論理的な思考力をはかるエンジニア向けの試験)
  • GAB(社会人としての基本的な能力を図る試験)

本当によく出題されるので、事前に学習しているのといないのとでは全く違います。
若さで20代に勝てないなら、思考力と計算能力、社会人スキルの部分で差をつけましょう。

また、一般常識として「基本情報技術者試験」の問題が出題されるケースもあるので、参考書を一読しておけば有利です。


そもそも、プログラミングは好きか(苦痛ではない)?

プログラミングが好きなのかどうかも立派な適性の一つです。
プログラマーになると、勉強の毎日です。
何万行にも及ぶコードを見て、苦痛に感じないレベルの人でないと正直やって行けません。

学習を自分から積極的に行えて、むしろ好きぐらいでなければドロップアウトするでしょう。
企業の採用担当者が、面接で確実にチェックしているポイントです。

能力は多少劣っていても、プログミングが好きであることが伝われば、これから伸びる可能性があると判断されて採用につながる場合もあります。

30代以上はプログラミングのスクールを強く進める理由5つ


本音を言えば、30代以上はすぐにプログラミングスクールに入った方が良いです。

料金が高いというデメリットはありますが、時間と学習の質でもっとも効率的に就職につながります。

30代以上も受け入れているスクールはあるので、検討してみてはどうでしょうか?


【理由1】時間がない

30代は時間がありません。
1日でも早く就職して仕事の経験を積まなければ、プログラマーとして生き残ることが難しくなります。

IT業界は、一般的に年齢とスキルのバランスに厳しいです。

20代中までには、コーディングは指導なしで可能。
30代であれば、マネジメント能力があって当然。

などのように、年代ごとに求められるスキルが明確です。
1日でも早く働ければ、年齢とスキルのギャップが少なくなり、長くエンジニアとして活躍できます。

極端なことを言えば、30代で新卒が担当するテストしかできなければ、ほとんど居場所はないでしょう。

スクールで可能な限り現場に通用するスキルを身に付けて、早く実務経験を積むのが長く活躍する近道です。

【理由2】独学をすると挫折すると可能性が・・・。

複雑なプログミングをゼロから独学で学ぼうとしても、挫折する可能性は高いでしょう。
プログラミングの学習経験がない人は、学習環境の構築ですら難しいからです。

続けられるかは本人の意思次第ですが、スクールは講座に関するほぼ全てをサポートしてくれます。
したがって、挫折する確率は独学よりもかなり低いです。

【理由3】必要なことを網羅的に学習できる

就職に必要なスキルを網羅的に学べるのがスクールのメリットです。
独学でプログミングをスタートさせる最初の関門は、何を学習して良いか分からないこと。

「書籍は何を選ぶ?」
「どの言語が就職につながりやすい?」
「データベースはとりあえずオラクルを学んでおけば良い?」

などのように、非常に迷うでしょう。

次に学習計画を考えるのですが、素人が組むカリキュラムなので、どうしても学習に抜け漏れが出ます。

「あの技術も勉強しておけば良かった」と就職活動で後悔する事は多いでしょう。

スクールは個人の目的に合ったカリキュラムを作成するので、基本的にその心配はありません。
学習にムラができないことがスクールの良い所です。

【理由4】分からないことが蓄積しない

独学だとどうしても分からない部分を後回しにしやすいです。
不明点を調べるのに時間がかかり、下手をすると解決できない恐れがあるので、とりあえず先に進めようとします。

この分からない所は後回しにする考えは、挫折する大きな原因です。
小さな疑問点が積み重なって行き、どんどん理解できなくなります。

最悪、時間だけ浪費して何も得られない可能性があります。

【理由5】就職に強い

主要なプログミングスクールの就職率は90%を超えています。
スクールのカリキュラムが企業に認められている証拠でしょう。

しかし、就職先の中には比較的就職しやすい客先常駐の場合があります。
客先常駐は自社で働くのではなく、お客様先に派遣され勤務する形態です。
単純作業しかできないなどネガティブな評判があるので、抵抗がある方もいると思います。

しかし、スクールで学習すればそれなりのスキルが身に付くので、誰でもできるような低スキル案件に配属される心配は少ないです。

就職はほとんど成功しているので、30代以上でも就職できる可能性は高いでしょう。


【就職活動編】30代以上の就職活動のポイントは4つだけ!


繰り返しますが、30代以上からプログラマーになるのは簡単ではありません。
そこを認識して前向きに活動していかないと、精神的な負担がかかり挫折につながります。

ここでは、30代が就職活動をするポイント4つを厳選してご紹介します。

【ポイント1】【最重要】あきらめない!

就職を成功させる上で大切なのは、あきらめないこと。
不採用でも前を向いて、応募を続けてください。

試行錯誤して行動をしていれば、いつか道は開けます。
継続して就職活動を進めましょう。

【ポイント2】アルバイトや契約社員から這い上がる道もある

アルバイトや契約社員の方が、内定の確率は上がるでしょう。
いきなり正社員で採用するよりも、企業は見極める期間があります。

ただし、アルバイトや契約社員であっても、30代未経験からプログラマーに採用されるのは難しいです。
その点は認識してください。

採用されたら、あなたの働きぶりをみて正社員に登用してくれる可能性もゼロではありません。

どんな雇用形態であっても実務経験は積めるので、仮に正社員に登用されなくても就職の大きな武器は手に入ります。
求人の傾向を見ると、「経験さえあれば」年齢は関係なく積極的に採用しています。


【ポイント3】客先常駐も案件内容によっては有り

どうしても、正社員や契約社員などの直接雇用が難しい場合は、「案件内容」次第では客先常駐も有りです。

プログラマーに限らずに、中途採用は実務経験が命です。
いくら人柄が良くても、経験が無ければ採用には至りません。
IT業界の人手は不足していますが、企業が欲しいのは即戦力のエンジニア。

要するに、実務経験を積むために客先常駐で数年働くのも一つの手ということです。

「客先常駐だけは辞めとけ。」
「這い上がれなくなる。」

客先常駐に関して、ネガティブな情報が飛び交っています。
真っ向から否定する訳ではありませんが、プログラマーの経験は十分に積めますよ。

なぜなら私自身が34歳の時に、テスター経験のみの状態でプログラマーとして現場に入れたからです。
したがって、30代中盤以降でもあきらめる必要はありません。

客先常駐だから、単純作業しかできないのは間違いだと思いますし、スキルさえあればプログラマーの経験は十分に積めます。

【ポイント4】クラウドソーシングサイトで案件を探すのはNG

採用が決まらず、クラウドソーシングサイトで案件を探すのは反対です。
理由は以下の通りです。

  • スクール卒という肩書だけでは案件を獲得できない。
  • 案件を取れたとしても、完成できない可能性がある。
  • 失敗したら時間を浪費する。

クラウドソーシングで収入を得るのは、技術的に一人前になってからが良いでしょう。

まとめ


30代からプログラマーを目指すのは、難易度は高いですが不可能ではありません。
行動は1日でも早くおこすべきですが、焦りは禁物。

長い目で見て、着実に目標を達成していく意識が必要です。
すぐに結果が出なくてもあきらめずに、一歩ずつ前進しましょう。

実務経験が少しでもあれば、就職はかなり有利です。
長引くようであれば、まずは働いて経験を積むこと考えても良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました