プログラマーはビジネス雑誌を読むべきか?

ビジネス

皆さんは、プログラマーとしてどのように知識を深めているでしょうか?
技術的な勉強には熱心でも、ビジネス面にはあまり取り組んでいない人も多いのではないでしょうか?

営業やコンサルタントなどは当たり前に読んでいるビジネス雑誌・経済誌ですが、このような雑誌はプログラマーは読むべきなのかについて議論していきます。

結論:読むべき!

結論からいうと、プログラマーもビジネス雑誌を読むべきです!

その理由はズバリ、以下の3つあります。

  • ビジネスの全体像を把握できる
  • 出世への近道になる
  • 転職を有利に進められる

それぞれの理由を次の章から詳しく述べていきます。

ビジネスの全体像を把握できる

ビジネス雑誌は、新聞やニュースなどの情報をまとめて整理してくれています。
その時々で、各業界の構造やビジネス的な力学を短時間で理解することができるのです。

そのため、普段からビジネス雑誌を読むことで、自分が関わっている業務やビジネス構造の全体像が鮮明になります。

業務の背景や全体像が理解できれば、自然と上司との会話も容易になり、仕事でも活躍できるようになれます。
上司が行う指示の意図が理解できれば、やるべき仕事とそうでない仕事の区別をつけられるようになり、業務の効率も上がります。

出世への近道になる

プログラマーといえども、技術的なスキルだけでは出世はしにくいです。
ビジネスを行う上では、取引相手があり、その要望に答えるように製品を作る必要があるからです。

成果を上げられる人が出世するビジネスの世界では、技術的側面だけでなくプロジェクト全体で大きな成果をあげる必要があります。

ビジネス雑誌を読めば、ある程度の大まかな業界のトレンドを理解することができ、「なぜ相手がそれを望むのか」「他の解決策はないか」など相手の立場に寄り添った仕事を行うことができます。

転職を有利に進められる

これまで述べてきたように、ビジネス雑誌のメリットは「業界のトレンドを詳しく知ること」です。
これは当然、転職の際にも有利になります。

転職には、同じ業種内であれば、給料アップを狙います。
しかし、給料は個人のスキルだけでなく、会社の売り上げや業界の成長性などの影響を強く受けます。

ビジネス雑誌を読んで、各業界のトレンドを把握していれば、自分にとって転職に有利なタイミングを簡単に見つけることができます。

おすすめのビジネス雑誌

最後におすすめのビジネス雑誌を3つ紹介します。

ただ、ビジネス雑誌は毎週読むのは大変なので、定期購読するよりは、本屋さんで気になるタイトルがあれば買うというスタイルでいいと思います。

週刊東洋経済

created by Rinker
¥633(2021/09/26 07:17:24時点 Amazon調べ-詳細)

私が最もよく買っているビジネス雑誌です。
内容も非常にまとまっており、特に特集が魅力的なことが多いです。

記事は実務的なことが多く、ガチガチのビジネス雑誌で、娯楽性は低いです。

ハーバード・ビジネス・レビュー

これはビジネス雑誌というより、学術雑誌に近いです。
ビジネス関連の最新研究(心理学が多い)が紹介されています。

一般人にもわかるような言葉で書かれていますが、内容は東洋経済よりも2倍くらい難しいと思います。

重厚な内容だけあり、とても勉強になります。
最新研究を紹介しているので、当然、今まで聞いたことのない話が多いです。

知識面で、他の人よりも一歩上を行くことができます。

プレジデント

プレジデントは、社長の向けに書かれた雑誌ですが、内容は比較的簡単なので、手軽に上の立場の視点を知ることができます。
前に紹介した雑誌よりも娯楽性が強く、ゴルフの豆知識コラムなどがあるくらいです。

キャッチーな特集が多く、内容も簡単なので、ビジネス雑誌になれていない人におすすめできます。

まとめ

プログラマーといっても、一人のビジネスマンであり、フリーランスとして活動していれば尚更です。
日経新聞を購読することは、ある程度のレベルのサラリーマンであれば、常識レベルですが、ビジネス雑誌を併せて読むことで一段上の理解をすることができます。

何よりも、世の中の大きな流れを理解することは、単純に面白く、知的好奇心が満たされます。

皆さんも是非、ビジネス雑誌を読んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました