プログラマーは将来なくならないのか?今後の方向性を考えてみた

ビジネス

プログラマーは将来なくならないのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、プログラマーの仕事自体はなくならないですが「条件付き」です。
なぜなら、今後AIが発達することで、いわゆる「単純作業」はなくなるから。

つまり、将来生き残るためには「単純作業」以外のことができるプログラマーになることが欠かせません。
本記事では、プログラマーの今後の方向性について紹介します。

条件付きのプログラマーがなくならない理由

とはいえ「条件付きのプログラマーでも本当になくならないの?」と感じる人もいるでしょう。
この章では、条件付きのプログラマーがなくならないといえる、以下の2つの理由を紹介します。

    1. プログラムを組む仕事自体は消えない
    2. AIにできないことができる

理由①:プログラムを組む仕事自体は消えない

そもそも論になりますが、「プログラムを組む」という仕事自体は消えません。
むしろ、AI化が進むにともなって増えてくるともいえます。

ただし、「プログラムを組める」といえるレベルは将来的に上がっていくでしょうし、少し勉強すれば誰でも書けるようなプログラムはAIが取って代わるでしょう。

「仕事そのものがなくなるかどうか」ではなく「今までより難しい仕事をこなせるスキル」が、今後は求められるようになります。

理由②:AIにできないことができる

AIにできないことができるプログラマーは、なくならないどころか需要が高いです。

かといって、「新卒の就活時点で、AIには書けない難しいプログラムが組めないとだめだ」というわけではありません。
将来淘汰されないためには、プログラムを書くスキルに加えて「AIができないことができる」ということも必須条件となるでしょう。

これはプログラマーに限った話ではなく、接客業や運送業、工場の現場作業など他の業種にも言えますね。

なくならないプログラマーになるには

では、将来なくならないプログラマーになるにはどうしたらいいのでしょうか。
以下の3つの方法を紹介します。

    1. 設計や開発業務を経験する
    2. 人間にしかできないスキルと融合する
    3. AIに強いプログラミング言語を学ぶ

①:設計や開発業務を経験する

1つ目は「設計や開発業務を経験する」ことです。
なぜかといいますと、設計や開発といった頭を使わないとできない業務はAIにはできないから。

数百年後ともなると話が変わってくるかもしれませんが、少なくとも私たちが生きている間は問題ないでしょう。

特におすすめは「開発業務」で、クリエイティブな仕事は今後ますます需要が高まるので、今が狙い目。
本記事を読んでいる学生もしくは20代の人は、ぜひ開発業務への異動や就職、転職も視野に入れておきましょう。

②:人間にしかできないスキルと融合する

2つ目は「人間にしかできないスキルと融合する」ことです。

  • コミュニケーション能力
  • マネジメント能力

といった能力は、AIだと難しいでしょう。

例えば、スーパーやコンビニでAIのレジが導入されていますが、店員の数が極端に減ったわけではありません。
商品が売れやすいように陳列を工夫したり、お客様の疑問に答えたりするのに、AIではなく人間の対応が必要だからです。

プログラマーでも同じで

  • お客様の悩みはどういったものなのか
  • どのような機能をお客様が必要としているのか
  • チームの成果を上げるにはどうしたらいいのか

といったことは、AIでは解決できないでしょう。
お客様の悩みはお客様の数だけ違いますし、チームの成果を上げるための課題もケースバイケースです。

プログラムスキルを上げることはもちろん、人間味も磨いていきましょう。

③:AIに強いプログラミング言語を学ぶ

3つ目は「AIに強いプログラミング言語を学ぶ」ことです。

特におすすめは

  • Python
  • Go

の2つで、プログラマーとして生き残るためには必須ともいえます。

とはいえ、忙しくて学ぶ時間がとれなかったり、モチベーションを保つのが難しかったりしますよね。
そんなあなたには、プログラミングスクールがおすすめです。

数多くのプログラミングスクールの中でも、私のおすすめは「Udemy」。

Udemyがおすすめな理由は以下の通り。

  • 動画を使ってスキマ時間に学べる
  • 購入する前に講座の評価がわかる
  • 料金が月額制で安い

そして、「Python」「Go」ともに☆4.5以上の講座があり、質の高い講義を受けることができます。
また、運が良ければ割引も発生しますので、チャンスを逃さないようにしましょう!
プログラマーとして生き残りたい方は、ぜひ検討ください!

本記事が、プログラマーはなくならないのか疑問に感じた人にとって、参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました