プログラマーが飽和状態なのは本当か?実態を暴きます

ビジネス

プログラマーが飽和状態でオワコン、ということを耳にしたこともある人が多いのではないでしょうか。

たしかにプログラマー人口は以前より増えましたが、「飽和している」とは全く言えません。
むしろ、中級者以上のプログラマーは需要が供給に追いついておらず、のどから手が出るほど欲しい人材。

この記事では、プログラマーが飽和していないと言える理由と、中級者以上のプログラマーになるための方法を紹介します。

プログラマーが飽和していないと言える理由

プログラマーが飽和していない実態の理由は、以下の3つです。

  • IT企業の人材不足
  • 需要が将来高まる
  • 中級者以上が少ない

理由①:IT企業の人材不足

1つ目が「IT企業の人材不足」です。

2015年の国勢調査では、IT人材の需要に対して実際働いている人が17万人不足しているというデータが、経済産業省から出されています(参考リンク)。

そしてIT人材の需要は2016年以降も高まっていますが、人材不足は改善されていません。
就職のしやすさや求人の多さを見たことがある人は、肌で感じたのではないでしょうか。

理由②:需要が将来高まる

2つ目が「需要が将来高まる」ことです。
人材不足が改善されていないうえに、AIの進歩やテクノロジーの進化に合わせて、プログラマーの需要はどんどん高まっていきます。

先ほど紹介した経済産業省のデータによれば、2030年には59万人分の人材が不足すると予測されており、技術進歩によってはさらに増えるかもしれません。

需要が供給を追い越すことはよほど優秀な人が増えない限り難しいので、飽和状態からはほど遠いといえるでしょう。

理由③:中級者以上が少ない

飽和していないと言える最大の理由が「中級者以上が少ない」ことです。

以前「駆け出しエンジニアが気持ち悪いと言われる理由!対策と合わせて解説」という記事で紹介しましたが、意識だけ高い「なんちゃってプログラマー」が多いんですよね。

「実務レベルに到達していない」「誰でも書けるような言語しか書けない」ということはもちろん「本当にプログラミング好きなの?」と言いたくなる人までいます。
そして、「プログラマーは稼げるから」という動機だけで始めた人はほとんど挫折しています。

そのため、中級者以上のプログラマーの数は極端に増えておらず、需要の高まりも相まって引く手あまたな人材となるでしょう。

飽和している初心者プログラマーから抜け出すために

では、飽和している初心者プログラマーから抜け出すためにはどうしたらいいのでしょうか。
この記事では、以下の3つの方法をおすすめします。

  • 複数の言語を使えるようになる
  • 実務経験を積む
  • 需要の高い言語を学ぶ

方法①:複数の言語を使えるようになる

まずは「複数の言語を使えるようになる」ことです。

プログラマーデビューしたばかりという人のほとんどが、初心者でも抵抗がない言語から学んだのではないでしょうか。
1つの言語だけでは、プログラマーとして生き残るのは難しく、継続的に勉強していく必要があります。

かといって、「仕事が忙しく勉強する時間もとれない……」という人も多いでしょう。
そんなあなたにおすすめなのは「Udemy」です。

Udemy」のおすすめポイントは以下の3つ。

現在使われている言語はもちろん、将来性の高い言語も学べる
動画で学べるので、通勤時間やスキマ時間を有効活用できる
数千円で講座を受けられるため、お金がない人でもすぐに学べる

以下のリンクから公式サイトに飛べますので、気になった方はチェックしてみてください!

Online Courses - Learn Anything, On Your Schedule | Udemy
Udemy is an online learning and teaching marketplace with over 155,000 courses and 40 million students. Learn programming, marketing, data science and more.

方法②:実務経験を積む

次に「実務経験を積む」ことです。

プログラミングの実務能力はもちろんのこと、コミュニケーション能力やマネジメント能力といったビジネススキルも「中級者以上のプログラマー」になるには欠かせません。

時間がかかりますし、目に見えない成果なので難しいかもしれませんが、飽和している初心者プログラマーを抜け出すためには必要です。
日ごろから意識していきましょう。

方法③:需要の高い言語を学ぶ

最後に「需要の高い言語を学ぶ」ことです。
特に今後はAIや機械学習に関連した言語の需要が高まることから、関連線の強い「Python」と「Go」がおすすめ。

先ほど紹介した「Udemy」でも、「Python」「Go」それぞれで講座が用意されています。
気になった方はぜひチェックしてみてくださいね!

また、これからエンジニアを目指すという人は、「最初に学ぶ言語の選択肢」にぜひ入れておいてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました