プログラミングの仕事の収入はどのくらい?平均年収をスキルや経験値別に解説。

就活・転職

学生の間で将来プログラマーとして就職したいという方が年々増えている背景には「プログラマーは給料が良い」という話が流れている事があるかもしれません。
実際にIT企業の活躍が取り上げられる事も増えてきてた昨今、インタビューを受けるプログラマーが同年代の平均収入より高額の給料をもらえている事を特集する記事もあり、「プログラマー=高収入」と言う印象を受けるかもしれません。

結論から申し上げるとプログラマー全体の平均年収が高額なわけでは決してありません。
高収入なのはインタビューで取材を受けるような一部の「優秀なプログラマー」であり、プログラマーになれれば収入が上がると言う事ではありません。

本稿では新卒で入社する一般的なプログラマーの平均年収に加え、持っているスキルによりどれくらい昇給が期待できるのかを実際のデータを元に解説していきます。

プログラマーの平均年収は420万程度

勤務初年度の新米プログラマーから10年以上のキャリアを持つベテランプログラマーまでの給料の平均年収は約419万です。
国税が毎年発表している民間年収の2020年度の平均額は432万であることからプログラマーの平均年収は他の職種の平均値よりも若干ですが、低いことになります。
またこれはボーナスも含めた年収なので、月給換算だと平均28万円程度になります。
新卒であれば年間280万程度になり、未経験でこの業界に入社した際の初任給の平均は月収で20万円程度となります。

持ってるスキル次第で給料は大きく変動する

先程述べた初任給が20万円程度と言うのは、他の職種の平均的な月収とほとんど差はないと言えます。しかし、この額はあくまでIT業界の知識やスキルセットが無い未経験者の場合です。
例えば学生の頃から積極的にプログラミングを学習し、ある程度即戦力になれるだけのスキルが既に備わっていたりする場合はこの限りではなく、新卒であっても能力を見込まれて高待遇での入社も考えられます。
他の職種と比べると持っているスキルがそのまま給与に反映されやすいと言えます。

プログラマーの平均年収は年々上昇傾向

また近年は社会全体のIT化が益々加速してきている背景もあり、プログラマーを含めたIT技術者が慢性的に不足している傾向にあります。
そのため、IT技術者の求人倍率は年々高まってきており、他の職種と比較して人材の需要に対して供給が追いついていません。
実際に、2021年のIT技術者の転職求人倍率は8.5倍と言うデータが出ていきます。他の職種を含めた民間職全体の求人倍率は2.2倍程度だったことから、プログラマーを始めとしたIT技術者の需要は他の職種の4倍と言う事になります。
当たり前なことですが、需要の高い職種は年収が上がる傾向にあります。そのため、今後プログラマーの平均所得は更に上がっていくと言えるでしょう。

昇給が望めるスキルを順当に身につけていくためには

さて、他の職種と比べると持っているスキルがそのまま給与に反映されやすいと述べましたが、具体的に手持ちのスキルをどのように高めて行けばいいのでしょうか?
方法はいくつかありますが、できれば日々の仕事をこなす中でスキルアップをして昇給していけるのが理想です。プログラマーとして給料をあげるための正攻法は一つではありませんが、個人的には以下の方法が最も再現性が高いと思います。

市場価値の高い言語や技術のスペシャリストを目指す

プログラミングの業務内容は多岐に渡るため、たくさん言語や知識を網羅的に身につけれるのが理想ですが、日々の実務をこなしながらも自身が業務で扱わない言語の学習をするのはあまり効率的とは言えません。
なのでなるべく市場価値の高い言語を一つだけに絞り、需要の高い言語や技術を身につけていくことをお勧めします。

例えば、現在Web関連であればWordpressの開発技術を有するプログラマーなどは給料が高い傾向があります。普段の業務と別軸でもう一つの需要の高い技術を身につければ転職などの際に大幅な給料アップを狙うことも可能です。
その際はだた自分の頭の中に知識を蓄積するだけでなく、学んだ知識を用いてプライベートで成果物を作るべきです。そうすることでポートフォリオとして自身の技術力を提示することができるので、給与アップを狙える転職の確率をあげることが出来るでしょう。

管理職になれれば、より高収入が望める

プログラマーとしてある程度の経験を積んだ後は、SE(システムエンジニア)や、PM(プロジェクトマネージャー)といった開発全体の管理職を目指すと言うキャリアパスがあります。
どちらもプログラマーの業務内容の理解は必須であり、その上で開発に必要なリソース、人員の振り分けなど全体をマネジメントすることが業務内容になるため、その求められる能力は非常に高く、プログラミングの技術以外にも様々なスキルが必要になります。
段階としてはプログラマー、SE、そしてPMと言うキャリアパスになるでしょう。
SEの平均年収は550万、そしてPMの場合は670万円となり、日本の民間職全体で比較しても相当高額な給与がもらえる事になります。

同系列の職種のキャリアパスとして、他の職種と比較してここまで給与アップが見込める業種は多くはありません。一つの業界に長く身を据えることを考えた際に、IT業界は将来性に大きく魅力があると言えるでしょう。

まとめ

プログラマーの年収は決して高額なわけではありません。
しかし、技術や経験が培われていくほど給与が上がりやすい職種です。
また他の民間職と比較して、どんどん需要が上がってきていることから、将来性も期待できると言えるでしょう。

キャリアパスも明確であり、自身の努力や実績も評価されやすい為、やりがいも大きいです。未経験であってもプログラミングに興味を持てるのであれば、就職の候補としてとてもオススメしたい職種です。
学生の方は今からでもプログラミングの学習を初めてみてはいかがでしょうか?
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました