プログラミングのスキルとは?プログラマーとして必要なスキルについて解説。

雑記

社会のIT化が加速し、プログラミングの仕事の需要が急激に増えてきた昨今、プログラミングを学ぶ必要性もより高まってきたと言えます。
プログラミングを現在学習している人もそうでない人もプログラミングのスキルが身につくとどのようなメリットが得られると思いますか?

パソコン一台で稼げるので副業が可能になる、本職に据えても在宅ワークが可能になり、時間や場所に縛られなくなる。など今の時代にあったワークスタイルが取れる事はプログラミングの仕事の明確なメリットです。

ですが、最も筆者が推したいメリットは「生涯食いっぱぐれないスキルになり得る。」と言う事です。

プログラミングの需要は今後も益々高まる事は間違いなく、圧倒的なその需要に対してプログラマーの供給が追いついていません。少なくとも今後30年先までは供給が追いつく事はないとされていて、今プログラミングの確かなスキルを身につけておく事は人生の選択肢を確実に広げる事に繋がるでしょう。

本稿ではプログラミングが必要とされるIT業界の現状と、プログラマーとして求められるスキルを紹介していきます。

プログラミング の需要は世界的にも急増している

IT業界で世界的にも有名な企業と言えば、Apple、Google、Microsoftなどでしょうか。これらの企業の売上高は近年目を見張るものがあり、他の業界とも一線を画するほどの業績をあげています。
これほど業績をあげているIT業界に対して、世界の注目が集まるのも当然のことで今やプログラミング を必要とする職種の需要はどんどん高まっています。
その一方で、ITエンジニアの供給が追いついていないのが現状です。なのでプログラミングのスキルを身につけておく事は社会的に大きなアドバンテージを得る事にも繋がると言えるでしょう。

日本での需要もアメリカに次いで高い

2020年の経済産業省の統計では、日本国内のIT技術者の必要人数は110万人とされている中、実際に現職に携わる人数は93万人とされており、17万人ほど不足している事になります。
世界で最も多くのIT技術者を雇用しているアメリカでは人材の不足数は40万人とされており、2030年にはIT技術者の需要に対しての人材供給の不足数は100万人を越えると言われています。
このデータは言い換えれば、プログラミングのスキルを用いたIT技術職の市場価値は爆発的に向上しているということになります。

プログラミングスキルは強い武器になる

プログラミングのスキルを習得することで、完全に売り手市場に自分を持っていくことができます。
実際に、現在のITエンジニアの求人誌や求人サイトでは過去最大と呼べるほど大量の求人掲載がされています。
これだけ需要が高まってきているIT業界であれば、例え未経験でも正しい技術を身につけ、効果的に自分のスキルを売り込むことができれば、個人でも仕事を受注することは可能ということです。
プログラミングに必要なスキルを身につけておく事は将来の選択肢を増やす事にもなるでしょう。

プログラマーとして必要なスキル

プログラマーとして仕事をするためにはプログラミング言語の知識やそれを用いた技術力は必須になりますが、実はそれ以外にも身につけておくべきスキルがいくつか存在します。
特に未経験からIT業界への就職や転職を考えている方はこちらのスキルの方が人事からは重視される事になります。特に大事なスキルを3つ紹介します。

コミュニケーションスキル

システム開発のプロジェクトにおいて、プログラマーの業務はSEからの指示に従ってコードを書いていくのが主になります。プログラマーは黙々と画面に向かって作業をするイメージが強いかもしれませんが、案件によってはプログラマーが顧客と直接コミュニケーションをとったり、細かい調整を行うこともあります。

また、プロジェクトが大規模になると複数のプログラマーとSEがチームを組んで開発を進めることが一般的です。その際はメンバー内でチームワークが求められるため、さまざまな立場の人間と円滑なコミュニケーション能力も必要です。プログラマーに限らず、コミュニケーション能力は社会人としての必須スキルとも言えます。

ロジカルシンキングスキル

日本語で言うと、「論理的思考力」です。課題や問題を解決するために筋道を立てて考える力のことを指します。目的と方法を正しく理解したうえで、物事を体系的に整理しながら考えることはプログラミング言語全てにおいてとても大切です。正しく書いたつもりのコードが正常に表示されない、なんて事はプログラミング業務では茶飯事です。

ロジカルシンキングで考える事はプログラミングにおける基本的かつ重要な考え方であり、論理的な設計がなされていないとシステムに何らかの不具合が発生したり、意図した通りにプログラムが動かないという結果にもなります。プログラマーは必ず持ち合わせていなければならない思考と言えるでしょう。

情報収集スキル

IT業界では使用ツールのアップデートが常に行われていて、新たな開発手法やフレームワークを活用することで開発効率が大幅に向上することも少なくありません。そのため経験豊富なプログラマーであっても、技術的な問題につまづくこともあり、本やインターネットなどの情報が解決につながるケースも多いです。

ITという膨大な情報の中から自分が探している情報にピンポイントでアクセスするためにも、適切な情報収集のスキルは日々培わなくてはいけません。そうでなければ、問題にぶつかったときになかなか解決方法が見出だせず、膨大な時間を要してしまいます。プログラマーを志望するのであれば、普段からどんどん最新の情報を取り柄入れる習慣をつけておきましょう。

まとめ

Apple、Google、Microsoftを筆頭にこれからもIT業界は革新的な進化を続けて行くのは間違いなく、プログラミングスキルを必要とする業種もどんどん増えていきます。
プログラマーを志望する方はプログラミングスキルの習得はもちろんですが、それ以上にプログラマーとして必要とされるスキルをまず身につけましょう。
会社に就職したり、案件を勝ち取ることさえ叶えば、スキルセットを活用する場は与えられるので、実績を重ねて行くうちにプログラミングスキルは身に付いていきます。そのステージにまず立てるようになるのに必要なのは実はそれ以外のスキルだと言うことを忘れないでください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました