システムエンジニアへの就職は難しい?成功させるためのコツを紹介

就活・転職

システムエンジニアへの就職って難しいのかな?
こんな疑問を持った人も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、コツさえつかめばシステムエンジニアへの就職は難しくありません。
一方で、社内SEはシステムエンジニアの中でも人気で、コツをつかんだとしても就職は難しいです。

この記事では、システムエンジニアへの就職が難しいと言われる理由と、成功させるためのコツを紹介します。

システムエンジニアへの就職が難しいと言われる理由

システムエンジニアが難しいと言われる理由は、以下の3つです。

  • 求められるレベルに達していない
  • 求められる人物像を勘違いしている
  • 社内SEは倍率が高い

1つずつ見ていきましょう。

理由①:求められるレベルに達していない

1つ目は「求められるレベルに達していない」ことです。

システムエンジニアに就職したいと考えたときに、やはり大事なのが「プログラミングスキル」。
実務未経験でも多少は使いこなせないと、就職は難しいです。

新卒や第二新卒の人が応募すると、入社後に研修で教えてもらえることもあるでしょう。

しかし、同じような人物のAさんとBさんが面接に来たとして

  • ある程度コーディングできるAさん
  • コードすら理解できていないBさん

のどちらを採用しますか。

多くの人が「Aさん」ですよね。
なぜなら、研修で教わるプログラミングスキルは初歩的なの部分だけであり、配属後に仕事で使いこなすには不十分だから。

若手は「ポテンシャル採用」とは言われるものの、最低限書けなければ就職は難しいでしょう。

理由②:求められる人物像を勘違いしている

2つ目は「求められる人物像を勘違いしている」ことで、理系の学生が陥りやすい失敗です。

具体的には、システムエンジニアに対し

  • 一人で黙々と進める
  • 質の高いプログラムを構築できる人がえらい
  • 成果さえ出せばいい

といったイメージを持っていること。

そして、システムエンジニアの面接で

  • 5種類の言語でプログラムが書けます!
  • 情報処理技術者の資格を持っています!
  • アプリを10個開発しました!

といったアピールをしてしまい不採用通知が届きます。

たしかに技術力も大事ですが、「システムエンジニアとして活躍できる性格や強み」のほうがもっと重要。
さらに、技術力ばかりをアピールすると「扱いづらそう」というイメージを採用担当に与えることからも、おすすめできません。

理由③:社内SEは倍率が高い

システムエンジニアの中でも「社内SE」は就職が難しいです。

人気の理由は様々ありますが、特に「他の業態と比べて時間管理がしやすく、ストレスマネジメントがしやすい」というのが1番の理由でしょう。

たしかにSIerやベンダー企業のSEは、お客様の都合によって左右されたり、納期が信頼に関わってきたりとシビアな環境です。
そのため、社内SEよりは人気がありません。

しかし、社内SEばかり受けていてもなかなか受からないことから「就職が難しい」と言う人が一定数おり、噂だけが独り歩きしているのも少なからずあるでしょう。

システムエンジニアへの就職が難しいと感じないためのコツ

では、システムエンジニアへの就職が難しいと感じないためにはどうしたらいいのでしょうか。
以下の3つを紹介します。

  • まずは1言語を使いこなせるようになる
  • 求められる人物像を正しく理解する
  • SIerやベンダー企業のSEも狙う

コツ①:まずは1言語を使いこなせるようにする

1つ目は「1言語を使いこなせるようにする」ことです。

複数の言語を一気に習得しようとするとしんどいですし、何より企業へのアピールとしては乏しいです。
まずは、1つの言語を使いこなせるようになりましょう。

おすすめの言語については【用途別】おすすめプログラミング言語の種類を現役プログラマーが紹介という記事で紹介しています。
気になる方は読んでみてくださいね。

コツ②:求められる人物像を正しく理解する

2つ目は「求められる人物像を正しく理解する」ことです。

実際に、システムエンジニアが求められる人物像は以下の通り。

  • コミュニケーション能力
  • 論理的思考力
  • タイムマネジメントスキル

上記のようなスキルを活かした経験があれば、積極的にアピールしましょう。

特に「コミュニケーション能力」はシステムエンジニアとして働くうえで重要です。
なぜなら、システムエンジニアは社内の関係部署やお客様と連携をとりながら仕事を進める必要があり、1人では務まらないため。

自己PRのエピソードとしておすすめなのは「論理的思考を活かしたコミュニケーションで成果を出したエピソード」です。
このような経験や実績があれば、最大限に押し出しましょう。

コツ③:SIerやベンダー企業のSEも狙う

3つ目が「SIerやベンダー企業のSEも狙う」ことです。

勘違いしてほしくないのは「社内SEをあきらめろ」というわけではありません。
SIerやベンダー企業のSEを受けるうちに「面白い」と感じるかもしれませんし、面接で聞かれるポイントを知ることもできます。

面接では、自分の実力を最大限にアピールする力も求められ、プログラミングと同じ「トライ&エラー」が1番効果のある鍛え方ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました