【最新TOEFL iBTテクニック】SpeachRaterについて解説!

SpeachRaterとはTOEFLを主催しているETSが開発した自動採点システムです。

https://www.ets.org/accelerate/ai-portfolio/speechrater

このシステムは、TOEFL iBTのSpeakingセクションの採点に利用されています。
この記事では、SpeachRaterがどのように採点を行っているかを解説します!

概要

以下の4つの項目が評価されます。

  • Fluency – 途切れることなく話し続けているか
  • Pronunciation & Rhythm – 発音や文章のリズム
  • Grammar – 様々な英文法を正しく使えているか
  • Vocabulary – 正しい語彙が使えているか

Fluency

Fluencyにおいては、話し続けることが重要です。
黙っている時間をなるべく減らしましょう。
また、「Well…. I think ah… I think that …」のように
同じフレーズを何度も繰り返すこともやめましょう。

Pronunciation & Rhythm

Pronunciation & Rhythmは、その名の通り発音が重要になります。
なるべくテンポよく話すようにしましょう。

Grammar

Grammarにおいては、正しい英文法で話すことが重要です。
また、複数種類の英文法を使うようにしましょう。
単文(simple sentence)と複合文(compound sentences)を両方使うようにしましょう。

Vocabulary

Vocabularyは、最も重要です。
簡単な用語ばかりではなく、少しだけ難しい用語を使いましょう。
自分の専門分野の体験をすことで、一般的には利用されないハイレベルな語彙を自然に使えます。
また、関係代名詞などを使って長々と説明することはなるべく避け、
効果的な形容詞でシンプルに述べましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

SpeachRaterは、2019年から新しく利用され始めたシステムですが、
結局のところ、自身の英語能力の底上げこそが重要になっていきます。

僕もまだまだ偉そうなことを言えるほど、英語ができるわけではないので、一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA