SREエンジニアとは?仕事内容から年収まで詳しく紹介!

ビジネス

「エンジニア」と一言で表しても、その種類は多岐に渡ります。
その中でもSREエンジニアは、幅広い知識と高度なスキルを求められるITのエキスパートのため、興味を持つ人も多いかと思います。

とはいってもSREエンジニアは比較的新しい職種のため、実態がよく分からない人も多いでしょう。

今回はそんなSREエンジニアの業務内容から必要なスキル、年収まで詳しく紹介していきます。

SREエンジニアとは?

SREとはSite Reliability Engineeringの略で、Googleが提唱する「システムを最適に運用するためのるための方法と、そのためのエンジニアの役割」の頭文字をとったものです。

SREエンジニアに求められることは、Web系システムを最適に運用するためにありとあらゆる手を尽くすことです。
そのためSREエンジニアにはシステムに関する高度な技術と、様々な知識が必要とされます。

SREエンジニアの業務内容

SREエンジニアの役割として、代表的なものが3つあります。

  • システム開発工程の自動化
  • システム障害の対策
  • 運用基盤を整える

ここに挙げた以外にも必要に応じて、システム運用に関する仕事を行う必要があります。

システム開発工程の自動化

SREエンジニアの重要な仕事として、システム開発工程を自動化することが挙げられます。

具体的にはログの自動解析ツールやスプレッドシートの自動更新ツール、タスク管理ツールなど、こういったツールの作成が考えられます。

システム開発工程を自動化することで、システム開発チームが円滑に作業を行う手助けとなるほか、ヒューマンエラーを減らしユーザーに安全性の高いシステムを提供することができるのです。

システム障害の対策

SREエンジニアは、システム障害の対策も行う必要があります。
具体的には、システムリリース前にバグやエラーの対処を行います。

開発チームが一番恐れていることは「何かしらの不具合が起こりシステムがリリースできない」ことです。
SREエンジニアが障害に対処することでこういった不安を取り除くことができ、開発チームがシステム開発に集中できる環境を整えます。

あらかじめ修正バッチを用意しておくことや、サーキットブレーカーの導入など、SREエンジニアが行える対策は多いです。

運用基盤を整える

システムの運用基盤を整えることも、SREエンジニアの大切な仕事です。

クラウドのシステム構築やサーバー環境の最適化、ミドルウェアのパフォーマンス向上など、SREエンジニアは言わば「システム運用の土台」を整える業務も請け負います。

安定した運用基盤は、安定したシステムをユーザーに提供することに繋がります。

SREエンジニアに必要なスキルは?

SREエンジニアに必要なスキルは、主に4つです。

  • Webアプリケーション開発能力
  • インフラの知識
  • クラウドサービスの知識
  • セキュリティの知識

Webアプリケーション開発能力

SREエンジニアには、Webアプリケーション開発の能力が必要となります。
「Python」「Java」「PHP」といった主要なプログラミング言語に加え、OSやデータベースに関する知識もあるとなお良いでしょう。

これらを使って実際にWebアプリケーションを開発・運用した経験が必要となるため、現場の開発エンジニアの経験を経たうえでSREエンジニアを目指すことが賢明です。

インフラの知識

SREエンジニアには、インフラ関係の知識も必要です。

ネットワークからサーバー環境まで、SREエンジニアは幅広く構築・運用します。
SREエンジニアの業務はシステムの基盤に関する内容が大半を占めるため、インフラの知識は必要不可欠となっているのです。

また、ミドルウェアのパフォーマンス向上はシステムを高速化させます。
ユーザビリティの高いシステムを提供する上でも、深いインフラの知識が求められるのです。

クラウドサービスの知識

Amazon社の「AWS」やgoogleの「Google Cloud」といった、クラウドサービスについても勉強する必要があります。

特にAWSは料理レシピ公開サイトの「クックパッド」に利用されるなど、ビジネスでの需要が高いです。「AWS認定」といった資格をとることで、SREエンジニアを目指す際の手助けとなります。

AWSに限らすクラウドサービスは、今後更にビジネスシーンでの需要拡大が考えられるため、SREエンジニアに限らず身に付けておいて損のないスキルです。

セキュリティの知識

SREエンジニアの業務内容に「セキュリティ対策を行う」は含まれていません。

しかしWebアプリケーションを提供するとなると、ネットワークにシステムを繋げる必要があります。
SREエンジニアは障害が起こった際の対処を行うため、ネットワーク接続時の外部攻撃によるリスクについて、最低限の理解を求められます。

リリースするWebアプリケーションがどんなセキュリティリスクを抱えているのか、そしてその対処法を考えておくことで、問題発生時に適切な対応をすることができるのです。

SREエンジニアの年収

求人サイト「indeed」に掲載されているSREエンジニアの求人情報より、SREエンジニアの平均年収を算出すると「750万円」付近に落ち着きます。

2017年の経済産業省発表の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、高度SE・ITエンジニアの平均年収は778.2万円となっているため、SREエンジニアの実態と合っています。
ソフトウェア開発・実装のSE・プログラマの平均年収は570万円程度となっているため、SREエンジニアの方が200万円ほど高いことが分かります。

SREエンジニアはシステム基盤からクラウドサーバーまで、幅広く高度な技術が必要な職業です。
そのため、他エンジニアに比べても年収は高い傾向にあります。

まとめ

SREエンジニアはシステムを最適に運用するために、システム運用基盤の構築からシステムの障害対策まで、様々な業務を行います。
そのため幅広い知識と高度なスキルを持つ、高いレベルのエンジニアが求められます。

Webシステムが増えていっている今、SREエンジニアの需要もさらに拡大していくはずです。
年収の高さや将来性の高さから、SREエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました