【徹底分析】システムエンジニアが性格悪いのは本当?理由を考えてみた

ビジネス

システムエンジニアは性格悪い、という噂を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

システムエンジニアに限らず、どんな職種や業種でも性格悪い人は一定数いますが……。
システムエンジニアで性格悪い人が多いのは、求められる人物像や働く人の性格や特性が原因でした。

この記事では、システムエンジニアが性格悪いと言われる理由を分析しと、性格悪い人でつらい思いをしないためのコツを紹介します。

システムエンジニアが性格悪いと言われる理由

早速ですが、なぜシステムエンジニアが性格悪いと言われるのかを、システムエンジニアの多い性格や特徴から分析しました。

原因を分析した結果、以下の3つが大きな原因といえます。

  • 劣等感が強い
  • 嫌味ったらしい
  • コミュ力が低い

理由①:劣等感が強い

1つ目は「劣等感が強い」ことです。

もちろん当てはまらない人が大半ですが、システムエンジニアの中でも性格悪いと言われる人に共通して言えます。

  • 学生時代にいじめられていた
  • 正社員採用や出世ができなかった
  • 恋愛や結婚ができなかった

このような人は、周囲に対する劣等感を常に持っています。
劣等感を自分の中で処理できたり、「謙虚」な人だったら関わりやすいのですが……。

  • 知識や実績を聞いてもないのに自慢する
  • 若手や新入社員にマウントを取る
  • 人前で平気で怒る

といった人が悲しいかな一定数います。
私もかつてそのような人と一緒に仕事をしたことがあり、かなり窮屈でした。

理由②:嫌味ったらしい

2つ目は「嫌味ったらしい」ことです。

特に理系男子の中でも厄介な「パワハラするタイプのオタク」に多いパターン。
毒舌を通り越して嫌味になっていますが、本人の自覚がありません。

また、エンジニアは仕事柄「理屈っぽい人」が求められます。

トライ&エラーを繰り返す仕事なので理屈っぽさが必要不可欠ですが、人間関係となれば話は別。
少し自分の意見と違ったときは理屈で論破することも多いです。

「○ろゆきの劣化版」をイメージするといいかもしれません。

理由③:コミュ力が低い

3つ目は「コミュ力が低い」ことです。

基本的にシステムエンジニアを目指す人は、体育会系や文系のノリが苦手。
そのため、人と接する機会が少ないシステムエンジニアに魅力を感じています(実際はコミュ力必要ですが)。

1人で過ごすことが多くてコミュ力が低い、というだけなら仕事ができれば問題ないでしょう。
しかし、劣等感や嫌味ったらしさをこじらせ、コミュ力も低いという数え役満だと「性格悪い」と思われても無理はありません。

性格悪いシステムエンジニアに潰されない対策

今システムエンジニアで働いている人の中には、上司や同僚の性格が悪いと悩む人もいるでしょう。
仕事でよく関わる人が、性格悪いシステムエンジニアだった時の対策を、3つ紹介します。

対策①:聞く姿勢を持つ

1つ目は「聞く姿勢を持つ」ことです。

劣等感が強く、知識や実績を自慢するタイプの人であれば、聞く姿勢を持ちましょう。
飲み会の場や、ちょっとした雑談程度であればなおさらです。

「あなたが話を聞いてくれる」というだけで心が満たされ、自然と落ち着きます。
マシンガントークをする女性の話を聞くぐらいの感覚で聞きましょう。

何度か聞いていたら、言っている本人も飽きてくるかもしれませんしね。

ただし、業務中に何度も手を止められるなど、支障が出ている場合は別問題です。
その時は、上司や周囲に相談するようにしましょう。

対策②:必要最小限しか関わらない

2つ目は「必要最小限しか関わらない」ことです。

嫌味を言う「パワハラするタイプのオタク」は自覚がないため、かなり厄介です。
まともに相手にしたり、言われたことをそのまま受け止めたりすると、体調を崩してしまいます。

業務上で関わりがない人であれば、最小限しか関わらないようにしましょう。

要注意なのが「OJTや直属の上司がパワハラするタイプのオタク」の場合で、関わるのを最小限にするのが難しいですよね。
もしストレスで体調に異変が出始めたら、配置転換をお願いしましょう。

対策③:チャットでやり取りする

3つ目は「チャットでやり取りする」ことです。

ありがたいことにリモートワークが普及したことで、文章でコミュニケーションを取ることが増えました。
話すのが苦手な人でも「文章ならわかりやすく説明できる」ということも多いです。

「コミュ力が低いから性格悪い」と考えている人は、チャットでのやり取りを提案してみましょう。

まとめ:システムエンジニアで性格悪い人が少し多いのは否めない

この記事では、システムエンジニアが性格悪い人と言われる原因を分析し、対策方法を紹介しました。

システムエンジニアに性格悪い人が多い理由は、求められる人物像や働く人の性格や特性です。
ほとんどの人は「穏やかで優しい」ぶん、余計に悪目立ちしてしまうのかもしれません。

とはいえ、どんな仕事でも上司ガチャはありますし、性格悪い人は一定数います。
プログラミングが好きで得意なら、システムエンジニアになって活かしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました