【リケジョ必見】女性でプログラマー向きの性格は?【文系エンジニアも】

ビジネス

女性でプログラマーになりたい人も多く、どんな性格の人が向いているのか気になりますよね。

結論から言いますと、理系的な思考が得意な人にはおすすめといえます。
一方で、仕事に向いている性格に加えて「プログラマーの職場に向いている性格かどうか」も忘れてはいけません。

そこで、どんな性格が女性プログラマーに向いているのか、仕事面と環境面の両方分析した結果をこの記事で紹介します。

女性でプログラマー向きの性格(仕事面)

女性でプログラマー向きの性格について、仕事面から見ていきましょう。

仕事面では、以下のような性格の人が向いていると言えます。

  • 真面目で努力家
  • 論理的に考えるのが好き
  • プライベートも充実させたい

性格①:真面目で努力家

1つ目は「真面目で努力家」です。

男女問わず、プログラマーは「コツコツ続けていくのが得意」な人に向いています。
システムが思うように動かないときは(バグ)、トライ&エラーでテストを繰り返しながら修正しなければなりません。

特に初心者のうちは、1回や2回でバグ修正ができることが少なく、愚直に1つずつ原因をつぶしていくことでやっと解決できます。
裏技がない世界だからこそ、真面目にシステムと向き合える人が向いています。

また、就職してからもすでに使っている言語のスキルを上げたり、新しい言語を習得する必要があります。
そのため、継続的に学び続ける「努力家」にもおすすめです。

性格②:論理的に考えるのが好き

2つ目は「論理的に考えるのが好き」なことです。

プログラムを開発するときには、起こりえる様々な可能性に対してコードを書いていく必要があります。
「Aがこうだから次はBを行う必要がある」といったように、優先順位を組み立てていきながら、同時に複数の選択肢も考えなければなりません。

また、プログラムは人間の感情によらず動きが一定なので、情で訴えかけても成果を出せません。

性格③:プライベートも充実させたい

3つ目は「プライベートも充実させたい」ことです。

ある程度の経験や実績が前提ですが、パソコンさえあれば時間や場所を問わず働くことができるので、育児や介護との両立がしやすいことが強み。
フレックスタイム制度や在宅勤務制度を導入している会社が多いのも、プログラマーの強みです。

また、フリーランスのプログラマーへの「業務委託案件」も増えていることから、「家事の合間に数時間自宅で働く」といったこともできます。

女性でプログラマー向きの性格(環境面)

ここまで紹介した性格が向いている女性プログラマーですが、仕事面だけでなく「環境面」も長く働き続けるには重要です。

環境面では、以下の3つの性格の人におすすめです。

  • 体力がある
  • 規則やルールを守れる
  • 男社会になじめる

性格①:体力がある

性格とは少々ズレるかもしれませんが……。
プログラマーは体力が求められる仕事で、「IT土方」といわれることもあります。

クライアントの要求や周囲のトラブルなどで残業が増えたりしますし、時期によっては納期に追われてしんどい思いをするかもしれません。
普段は柔軟に働けるプログラマーですが、いざというときの瞬発力が重要なことも忘れないようにしましょう。

また、仕事内容だけでなくコミュニケーションもパソコン上で行うことが多いことから、人と話すことでストレスを発散する人には向かないかもしれません。

性格②:規則やルールを守れる

2つ目は「規則やルールを守れる」ことです。

プログラミング言語の規則はもちろん、プロジェクトチーム独自の規則やルールを守らなければなりません。
このことから、ビジネスマナーのような普遍的な規則だけでなく、独自の規則に対応できる柔軟性が大切です。

自分がやりやすい方法で仕事を進めていきたい、という人には合わないかもしれません。

性格③:男社会になじめる

3つ目が「男社会になじめる」ことで、プログラマーとして生きていくには1番大事といえます。

女性プログラマーが増えてきたとはいえ、6~7割が男性の業界。
特に、上司世代は男性が多いということを覚えておきましょう。

そのため、女子校出身でずっと女性だけのグループにいたという人は、職場環境でしんどくなってくるかもしれません。
ただ、プログラマーは元々教えるのが好きな人が多いうえに、貴重な女性の人材ということから「大切にされる環境」ともいえるでしょう。

まとめ:女性プログラマーの性格を見極めて、悔いのない選択を

この記事では、女性でプログラマー向きの性格について解説しました。

女性プログラマーが増えてきたとはいえ、まだまだ男社会。
どちらかというと「男性脳」に近い人が求められるのが現実です。

ただし、根性論ではなく

  • コツコツ努力できる人
  • 論理的思考ができる人

であれば男女問わず活躍できます。

興味のある方は、ぜひ就職先の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました